キョウキオラ KYOKIORA 販売店 店舗 薬局

キョウキオラと言えば、皮膚の専門家が考えた低刺激・高保湿クリーム。

 

➡️店舗・販売店や薬局にあるのか、安いのはどこか確認して【ある事実】が判明。

 

知らずに損した私から一言だけ。

 

  1. 店舗・薬局に取り扱いなし(当記事で確認可)
  2. Amazon・楽天・Yahooは定価
  3. 公式キャンペーンの1500円が最安&在庫安定

 

1500円&在庫安定はこちらのみ

↓↓↓

キョウキオラはロフトやハンズなどの店舗にある?

キョウキオラの検索結果|ロフト

→取り扱いなし

 

キョウキオラの検索結果|【東急ハンズネットストア】

→取り扱いなし

 

キョウキオラの検索結果|イオン

→取り扱いなし

 

キョウキオラの検索結果|ドンキホーテ(ドンキ)

→取り扱いなし

 

主な販売店のオンラインサイトでキョウキオラの取り扱いがないか探してみたのですが、取り扱いが店舗はありませんでした。

念の為実際にご自身の目で検索結果を確認してみてくださいね。

 

キョウキオラはマツキヨやウェルシアなどの薬局ある?

マツキヨの検索結果

→取り扱いなし

 

ツルハドラッグの検索結果

→取り扱いなし

 

ウェルシア薬局の検索結果

→取り扱いなし

 

ココカラファインの検索結果

→取り扱いなし

 

主な薬局のオンラインサイトでキョウキオラを検索してみた結果ですが、取り扱いのある薬局は、ありませんでした。

念の為実際にご自身の目で検索結果を確認してみてくださいね。

 

近くの薬局に探しにいっても良いのですが、取り扱いなし場合も多そうなので、行く前に店舗に電話して確認してからの方が無駄がなくて良いと思います。

 

確認するときは、店員さんがキョウキオラを知らない場合もあるので、JANコードで確認してもらうと確実かと思います。

 

キョウキオラのJANコードは「4571338390034」です。

 

キョウキオラはAmazonに取り扱い店舗あり!

Amazonの検索結果

 

薬局や店舗のオンラインショップに取り扱いがない場合でも意外と取り扱い店舗が存在するのがAmazon。

なぜ通常は店舗に見つからない商品でもAmazonに取り扱い店舗があるかというと、個人でも転売での出品がしやすいという事情があります。

 

そのため、定価よりは安いが公式のキャンペーン価格よりもちょっと高いといった価格設定の場合が多いです。

そんなAmazonには、やはりキョウキオラを出品している店舗がありました!


ただし、やはり公式キャンペーンよりは高い価格となっていました。

 

 

 

 

キョウキオラは楽天に取り扱い店舗あり!

楽天でキョウキオラを検索した結果

 

楽天にもノーノースメルの取扱店がありました。

 

ただし、セットで3207円と、高めの価格でした。

 

公式だとこのセットで1500円で試せます。

 

楽天の価格が高くなってしまう理由はこの後に詳しく解説しています。

 

 

キョウキオラはYahooショッピングに取り扱い店舗あり!

 

Yahooショッピングでキョウキオラを検索した結果

 

Yahooショッピングにも同じくキョウキオラの取り扱い店舗がありました。

 

 

 

こちらはAmazonと全く同じ価格となっていました。

 

キョウキオラは公式がお得。

公式サイトには、キョウキオラとドライスキンクリームのセットが1500円で買えるキャンペーンが実施中です。

 

このキャンペーンは初回に買う人限定で、よくある定期購入のセットでは無いため、まずは気軽に試してもらうための割引なのでしょうね。

 

 

 

キョウキオラを販売店や薬局で探す際の注意点

お試しサービスの対象となっている公式ホームページでのキャンペーン商品は、Amazonのような通販ホームページでもな場合があるものの、正規のルートでの商品でない場合があります。

転売品は過剰な利益を得るために設定された価格公式ホームページよりも価格が高くなります。

楽天ショップの出店手数料は最低3ヶ月契約で1年契約でもけっこうな金額になります。

1ヶ月にかかる固定費は仕方ありませんが、売上の数%の販売手数料がかかってくるのは販売側の人間からすれば、すさまじくの負担となるでしょう。

商品は、在庫があれば薬局でも販売店でも即日ご購入が可能です。

しかし、どうしても今すぐ手に入れたい!という場合以外は可能な限り安値でエラーなくおもとめいただくには、最安値の公式ホームページを利用して購入するのが最もお買い得です。通販ホームページで有名な楽天やAmazonなどを利用する際には一度アカウント登録をしておけば何度も個人情報を入力する簡単に利用できますよね。

両方とも信用に足る会社だということもあります。定価で売られているものが多くて一見安く見えても税抜きや別途送料が加算されてしまうこともあります。楽天市場で商品を検索すると、価格が一番安いことがあります。

しかし、別途送料がかかることがあるので、送料を加えると公式ホームページよりも高くなってしまうということもありますので、注意が必要です。ドラッグストアや一般販売店において商品の在庫があるかを尋ねてもその店舗の販売員が商品名を掌握していない可能性もございます。

その場合は、JANコードという識別コード付いていますので、販売員にお伝え頂けますと問い合わせが円滑にできます。多数のユーザーを抱える楽天やAmazonなどのインターネットホームページでは、商品を出展する際の出品手数料や、販売手数料が必要となるので、公式販売ホームページよりも安く販売するのは厳しいと思われます。

同一商品を購入する際、手数料が価格に上乗せされていない方が安いのは当たり前ですので、販売価格に差が出てきてしまうようですね。

ラクマやモバオクなどのオークションホームページの場合は使用済み品や使用期限を超過した中古品、保存状態が悪かったものが出品が散見されます。オークションでは返品不可能の商品もあるため、責任のすべてを自分で負担することになります。

薬局など、市販の店舗の場合、品切れ商品やご購入できない商品も店舗によってはあります。

事前に電話などで確認してから店舗に行くとよいでしょう。市販の店舗で買うときは、欠品の可能性があることに加え、お安く出来るお値段に限りがあります。一方、公式ホームページの場合は、商品を広めることを第一に考えていることもあり、中々出会えないお値引き価格で安くなっていることも多いです。

商品によっては開封後の使用期限にばらつきがあります。

オークションホームページではいつ開封されたのか確認できない場合がありますのでご留意ください。さらに、適切な保管がされていないと成分が分離したり、固まってしまうことがあり、本来の用途を果たせないケースもあります。

こちらの商品だけではなく、楽天を利用して出品する際には費用がかかるでしょう。

そのため、この出店手数料を販売することになります。

楽天という大手ネット通販(初めて利用するなら、楽天市場やYahoo! JAPANショッピングなどのショップを使うといいかもしれません)ホームページに出店出来ても、利益が生まれなければ、企業の業績は赤字になってしまいます。

まとめ

  1. 店舗・薬局に取り扱いなし(当記事で確認可)
  2. Amazon・楽天・Yahooは定価
  3. 公式キャンペーンの1500円が最安&在庫安定

 

1500円&在庫安定はこちらのみ

↓↓↓